オーガニックタトゥー 成分

【オーガニックタトゥー】の成分が心配?

 

【オーガニックタトゥー】の成分一覧

 

ゲニパアメリカナ果実、ゲニパアメリカナエキス、ナンバンアイ葉、ヘンナ、クルミ殻粒、アンマロク果実、チャ葉、バコパモンニエラエキス、バラエキス、タカサブロウ葉、カミメボウキ葉エキス、ムクロジエキス、アカシアコンシナ果実、コーヒー種子エキス、アセンヤクノキガム、コロハ種子エキス、メリアアザジラクタ葉、ミロバラン果実エキス、レモン果皮

 

ご覧の通り、100%オーガニック植物成分で構成された染色剤です。

 

頭皮に悪い化学成分や保存料などの添加物は一切入っていません。

 

ですから、育毛剤の浸透や効果を邪魔せずに薄毛を隠すことができます。

 

 

でも、主要成分の「ゲニパアメリカナ(ジャグア)」なんて聞いたことがないですね。

 

どんな植物なのでしょうか?

 

 

 

【オーガニックタトゥー】の主要成分「ゲニパアメリカナ(ジャグア)」とは?

 

知らない成分を使うのには躊躇するかもしれません。

 

安心して使ってもらえるよう、詳しく解説します。

 

 

ゲニパアメリカナ(ジャグア)とは

 

ゲニパは高さ20〜30メートル、幹の直径30〜80センチに成長する大きな木です。

 

主な原産地:ブラジル、ボリビア等の南米各地、カリブ海の島々。湿った沿岸の石灰岩の森林で育ちます。

 

果実

 

生食のほか、ジュースやジャムに加工されます。

 

薬として利尿剤、下剤、駆虫剤、強壮剤、黄疸の治療などにも使われます。

 

 

根・花・葉

 

煎じ薬として、下剤、淋病の治療、強壮剤、解熱剤に使われます。

 

 

 

木材として使われています。

 

とても硬く、重く、強く、柔軟性がありますが、耐久性はさほど高くありません。

 

軽量の家具や彫刻などに使用されています。

 

燃料にもなります。

 

また、樹皮は止瀉薬や潰瘍の治療、樹液は洗眼剤に使われています。

 

 

熟していない果実

 

青い果実の果汁は、皮膚に触れると青黒く変色します。

 

その性質を利用して、古くから先住民はボディペイントに使ってきました。

 

染料は15〜20日間で消えていきます。

 

防虫性があるとも言われているので、虫よけの目的でカラダに塗っていたのが発展し、美しいアート性のあるボディペイントになっていったと想像できます。

 

 

 

ブラジル先住民のカヤポ族のボディペイントの様子

 

 

 

 

【オーガニックタトゥー】の主成分の詳細 おわりに

 

「ゲニパアメリカナ(ジャグア)」は、実から根まで全て有効に使える植物です。

 

特に、ボディペイントに使う染料としては、ヘナを凌ぎます。

 

人気の理由は、その「色」。

 

ヘナの茶褐色に比べ、ゲニパアメリカナ(ジャグア)は深い紺色。

 

この色だからこそ、頭皮を染めて薄毛を隠すのにちょうど良いのです。

 

100%植物成分、安全な【オーガニックタトゥー】を試してみてはいかがでしょうか。

 

 

\無料会員登録で10%オフ!/